アロマオイルの選び方は?

スポンサードリンク

アロマオイルの選び方について

アロマオイルの選び方はいろいろとあります。

 

その中で、健康に良い、また健康に役立つとされるアロマオイルの選び方があるってご存知でしょうか?

 

日々の生活の中で、手軽に安心安全な100%天然のアロマ精油の効能をとりいれながら生活することで、様々な恩恵を得られるなんて素敵なことですよね。

 

今回はそんな「健康と美容に役立つアロマオイル」についての選び方を、色々とお話ししていけたらと思います。

アロマオイルの健康と美容に役立つ選び方

健康と美容に役立つアロマオイルの選び方は、どのように考えれば良いのでしょうか?

 

実は、アロマオイルにもいろいろな性質があり、その性質をうまく使うことで美容や健康に大いに役立つ選び方ができます。

 

今回は、そんな健康と美容に役立つアロマオイルの選び方についてお話ししていきたいと思います。

 

例えば、冷え性の方なら、体を温めてくれるアロマオイルを選んでみましょう。

 

体を温めてくれるアロマオイルは、基本的には、刺激のあるスパイス系のものが多いです。

 

なので、刺激のあるアロマ精油の場合は、体には塗布せずに足の裏に塗布することをお勧めします。

 

頭痛がお悩みの方のなら、頭の痛みをとってすっきりとしてくれるペパーミントや、ローズマリーといったアロマ精油がおすすめの選び方です。

 

免疫力を高めたり、風邪予防におすすめのレモン精油やローズウッド精油が良いでしょう。

 

このように自分が「ある症状」を緩和させたかったり、改善したかったりする目的に合わせて、アロマ精油の特性を知り、その選び方を決めることができるのです。

アロマオイルの自分に合った選び方

先ほどアロマオイルにもいろいろな効能があるとかきましたが、どのアロマオイルが自分に合うものなのかわかりませんよね。

 

ここでは、自分に合った選び方を見つけるために、代表的なアロマオイルを少しだけご紹介いたします。

 

【ラベンダー】

 

ラベンダーは、甘いフローラル系の香りのアロマオイルです。

 

鎮痛作用、安眠効果、自律神経系を調整してくれるとされています。

 

【ゼラニウム】

 

ゼラニウムは、バラのようなフローラル系の香り

 

ホルモン系を整えてくれる、利尿効果、デトックス効果があります。

 

【ヒノキ】

 

ヒノキは、文字通り、樹木系の香りです。

 

リラックス効果、血行促進効果、鎮静効果があるとされます。

 

【ローズマリー】

 

ローズマリーは、リフレッシュするハーブ系の香りです。

 

リフレッシュ、記憶向上などに役立ちます。

 

【レモン】

 

レモンは、さわやかな柑橘系の香り

 

レモンには、免疫力促進効果、風邪予防があるとされています。

 

さて、いかがでしたか?

 

今回は、少しだけご紹介しましたが、ご自分の好きな香りや効能でご自分に合うアロマオイルを選び方を見つけましょう。

 

ぜひアロマオイルがあなたの健康と美容のサポートになりますように。

スポンサードリンク

関連ページ

相性
アロマオイル(精油)には様々な相性や注意点があります。ここではアロマオイルの相性についてご説明します。
使い方
アロマオイル(精油)には、実にいろいろな使い方があります。ここではアロマオイルの使い方についてご説明します。
希釈
アロマオイル(精油)は希釈して使用すると言われますが、それはなぜでしょうか?ここではアロマオイルの希釈についてご説明します。
クリームに混ぜる
アロマオイル(精油)をクリームに混ぜる方法があることをご存知でしょうか?ここではアロマオイルをクリームに混ぜる方法についてご説明します。
組み合わせ
アロマオイル(精油)は組み合わせることで、様々な相乗効果を発揮してくれます。ここではアロマオイルの組み合わせについてご説明します。
ノート
アロマオイル(精油)のノートとは何のことをあらわすのでしょうか?ここではアロマオイルのノートについてご説明します。