アロマオイルとキャンドルの効果的な使い方は?

スポンサードリンク

アロマオイルとキャンドルの効果的な使い方について

アロマオイルにキャンドルを使うということは、多くの方がイメージされることでしょう。

 

アロマオイルのキャンドルは、オイルウォーマーに使用されています。

 

オイルウォーマーとはアロマテラピーを楽しむ時に使う器具の1つです。

 

キャンドルの熱でアロマオイルを温め、香りを拡散する器具なのです。

 

アロマオイルとキャンドルを組み合わせると、キャンドルの炎の癒しの効果に加え、器具を温めてアロマオイルの芳香成分を空気に揮発させるというダブルで嬉しい効果があります。

 

今回は、アロマオイルとキャンドルを合わせた使い方の、あれこれをお話ししていきたいと思います。

アロマオイルとキャンドルを使う〜オイルウォーマーの用途や目的〜

アロマキャンドルは、その炎を見ているだけでとてもリラックスできますよね。

 

その上、さらにアロマオイルの香りで癒される一石二鳥のオイルウォーマーは使い勝手もよく、アロマ初心者さんにもとても人気です。

 

キャンドルの炎とアロマオイルの香りを楽しみながらの入浴なんていう方も最近は増えているとか。

 

ただし、キャンドルを使って、アロマオイルを熱で温めて使うオイルウォーマーでの芳香浴は、どうしてもデメリットがあります。

 

それは、アロマオイルが熱に弱いという性質があることで、香りの成分が少々変わってしまう点です。

 

また、熱で十分に温まるまでに時間がかかるので、香りがなかなか香ってこないという点があります。

 

しかしながら、アロマテラピー初心者さんにはとても安価で使い勝手がよいという点で気軽にアロマテラピーを始めることができるという点ではおすすめです。

 

キャンドルを使うので、就寝時に必ず火を消すとか、ペットや小さいお子様がいる場所では使用しないなど、取り扱いに気を付ける必要があります。

 

くれぐれも、火の取り扱いに気を付けて芳香浴を楽しんでください。

アロマオイルとキャンドルを使うオイルウォーマーの効果的な使い方やコツ

アロマオイルとキャンドルを使うアロマウォーマーはとても簡単に使う事が出来る器具です。

 

水を張った受け皿にアロマオイルを4-5滴落とすのがポイント。

 

1-2滴だと少々少ないかもしれません。

 

そのあとに、キャンドルに火をともします。

 

先に火をともすと危ないので、必ず、受け皿の準備ができてから火を灯すようにしてください。

 

ここで使うキャンドル選びも、大事なポイントです。

 

キャンドルは、何でもいいわけではないのです。

 

アロマショップに行くとアロマキャンドル専用のキャンドルが販売されています。

 

なので、必ずアロマキャンドル専用のもので無臭なもの、そして無煙なものを購入して使ってください。

 

就寝時に使う時は火の取り扱いに気を付けなければいけません。

 

なので、安全に使うコツとして、就寝する少し前にオイルウォーマーを使い始め、目をつぶる前にきちんと火を消して就寝することをポイントとしてください。

 

安全に使用できますし、部屋に程よくアロマオイルの香りが広がり、気持ちよく導眠することができます。

スポンサードリンク

関連ページ

ディフューザー
アロマオイル(精油)のディフューザーとはどんな道具なのでしょうか?ここでは、アロマオイルを楽しむためのディフューザーについてご説明します。
ストーン
アロマオイル(精油)のストーンとはどんな道具なのでしょうか?ここでは、アロマオイルを楽しむためのアロマストーンについてご説明します。
アロマポット
アロマオイル(精油)のアロマポットとはどんな道具なのでしょうか?ここでは、アロマオイルを楽しむためのアロマポットについてご説明します。
竹串
アロマオイル(精油)に竹串を使うという話がありますがどういうことでしょうか?ここでは、アロマオイルを楽しむための竹串についてご説明します。
携帯用
アロマオイル(精油)を携帯用に持ち運ぶのにい良いのは、どのようなものでしょうか?ここでは、アロマオイルの携帯用についてご説明します。