アロマオイルの落とし方はどうすれば良い?

スポンサードリンク

アロマオイルの落とし方について

アロマオイルの落とし方について、迷う方はとても多いと思います。

 

アロマオイルを使う時にうっかりしてアロマオイルをこぼしてしまって、家具や床に付けてしまったりして困ったことはませんか。

 

天然の植物から採取した精油は種類によってはベトベトしているものなどがあったり、精油の香りが強いものなどがございます。

 

今回は、アロマオイルの落とし方についてお話ししていこうと思います。

アロマオイルの落とし方〜器具などにこびりついてしまった時〜

まずは器具などにこびりついてしまったアロマオイルの落とし方についてです。

 

「はぁ、疲れた〜、アロマオイルをお部屋で炊いてリラックスしたいなぁ・・」

 

と思って、早速アロマオイルを専用の器具に数滴たらそうとした時、前に使ったアロマオイルが器具にこびりついてしまっていた・・なんてことありませんか?

 

勿論すぐにお手入れをしていたら器具がベトベトになったり、前回使用したアロマオイルの香りが残っているなんてことはないですが、なかなか毎回きっちりと・・となると難しいですよね。

 

器具のお皿などにアロマオイルの濃縮された成分が揮発されきれずに残った場合、どうしても粘性のアロマオイルの成分がこびりついてしまいます。

 

それを放置してしまうと、空気中にあるホコリや塵がこびりつき、どんどんと汚れていってしまうわけです。

 

アロマオイルが器具にこびりついていると、どんどんアロマオイルは落ちにくくなってしまうわけです。

 

では、そんなアロマオイルの落とし方はどうすればよいでしょう。

 

一番良い方法は【無水エタノール】を使う方法です。

 

無水エタノールは薬局などで手軽に手に入ります。

 

基本的には、薬局などで購入した無水エタノールを、直接汚れた部分にかけ、浸けておいたり、スプレーボトルに入れ替えてそこから汚れた部分に吹き付ける方法をとります。

 

数分待つとアロマオイルによる汚れは自然と浮いてきます。

 

汚れが浮いて来たらそのあとに、ティッシュなどで拭きとればOKです。

 

もし、アロマオイルが器具にこびりついてお困りの方がいらっしゃいましたら、落し方のコツとしてぜひ無水エタノールを手に入れて使ってみてください。

アロマオイルの落とし方〜衣類などについてしまったら?〜

次の落とし方は、アロマオイルが衣類などについてしまった場合です。

 

アロマオイルを使っていると、「衣類にアロマオイルがついてしまった!」何てことありませんか?

 

アロマオイルが衣類についてしまうとどうしてもアロマオイルの色や、オイルのシミになってしまいますので、なるべく早めに処置をしないといけません。

 

では、どういう落とし方で処置したらよいのでしょうか?

 

実は、先ほど器具の汚れの落とし方の章で説明させていただいたときに「無水エタノール」をご紹介させていただきましたが、今回も無水エタノールで問題が解決しちゃいます!

 

落とし方は簡単で、無水エタノールをコットンなどにしみこませ、それをシミになってしまったところに当ててしみこませます。

 

その時に裏にいらない布などを敷いておいて、そこにシミを移すイメージでトントン軽くたたき、裏の布に移していきます。

 

汚れが裏の布に移ったらシミがあったところに水スプレーをして輪ジミが出来ないようにして終了です。

 

ぜひやってみてください。

スポンサードリンク

関連ページ

誤飲
アロマオイル(精油)をあやまって誤飲してしまったらどうすれば良いのでしょうか?ここでは、アロマオイルを誤飲した場合の対処法などについてご説明します。
こぼした
アロマオイル(精油)をあやまってこぼしたら、どうすれば良いのでしょうか?ここでは、アロマオイルをこぼした場合の対処法などについてご説明します。
エッセンスとの違い
アロマオイル(精油)とエッセンスの違いとは何でしょうか?ここでは、アロマオイルとエッセンスの違いについてご説明します。
禁忌
アロマオイル(精油)の禁忌事項にはどのようなことがあるのでしょうか?ここでは、アロマオイルの禁忌事項などについてご説明します。
酸化
アロマオイル(精油)が酸化したらどうすれば良いのでしょうか?ここでは、アロマオイルの酸化などについてご説明します。
引火点
アロマオイル(精油)の引火点について意識されている方は、意外に少ないように思います。ここでは、アロマオイルの引火点についてご説明します。