アロマオイルのディフューザーって?

スポンサードリンク

アロマオイルのディフューザーについて

アロマオイル(精油)に初めて親しむ方は、ディフューザーのことをご存知でしょうか?

 

アロマテラピーを始めるにあたって一番簡単な楽しみ方はやはりお部屋に香りを拡散する芳香浴でしょう。

 

芳香浴をしたいけど、じゃあ、どのようなものを使ったらいいのかな?

 

そう思ってアロマショップにいってみたものの、芳香浴を楽しむための商品が沢山売られていて、正直どれを選んだらよいか悩んでしまう・・・。

 

そんなことってありますよね。

 

今回は、アロマテラピーを楽しむときにお勧めの、アロマディフューザーについてお話したいと思います。

アロマオイルのアロマディフューザーとは?〜目的や用途別おすすめ〜

アロマオイルのディフューザーとはまずどのようなものを言うのでしょう。

 

Diffuse(デイフューズ)には『発散させる、拡散させる』という意味があります。

 

そのままの意味で、アロマオイルのためのアロマディフューザーとは、香りを拡散する器具のことを言います。

 

アロマショップに行くと、色々なタイプのアロマディフューザーが販売されていますが、主には以下の3タイプが中心です。

 

  • 超音波式のもの
  • スチーム式のもの
  • エア式のもの

 

超音波式のアロマディフューザーは、お水を超音波で振動させて細かいミストを発生させ香りを拡散させる器具になっています。

 

スチーム式のアロマディフューザーはタンクの中に水を入れ、その水を加温し熱いスチームを発生させて香りを拡散させる器具になっています。

 

エア式のアロマディフューザーは精油を直接入れ、ギュッと圧縮された空気を送り精油の微粒子そのものを空気中に拡散させる器具になっています。

 

ミストが発生するものやスチームが発生するものは空気中に水分も拡散されるので多少ですが加湿効果も期待されます。

 

エア式のものはミスト等が発生しないので、加湿効果はありませんが、精油そのものの成分と香りをお部屋に芳香出来ますし、お部屋に広がる香りも強めだったりします。

 

ミスト式やスチーム式のディフューザーは水をつかうので、器具へのカルキの付着などがデメリットだったりします。

 

エア式ものは香りそのものを本当に楽しめますので、体調や好みにより香りが時に強く感じられることもあります。

 

香りを調整するコントローラーが付いているディフューザーがあれば、そちらをおすすめします。

 

もし、香りを調整するコントローラーがない場合は換気に気を付けてお部屋に広がる香りを楽しんだら良いと思います。

アロマオイルのディフューザー〜効果的な使い方やポイント〜

アロマオイルの香りを拡散してくれるアロマディフューザーですが、どのように使えば効果的なのでしょうか?」

 

それは、自分の気分や目的、香りの拡散の量に合わせて使う事です。

 

加湿をしたい時は超音波式やスチーム式のものを、香りそのものを楽しみたい時はエア式ものなどを選べばよいでしょう。

 

つまり、目的に合わせたアロマオイルをディフューザーに入れて香りをお部屋に拡散するということです。

 

お部屋が広いスペースではエア式のものは拡散力がすごいので良いと思います。

 

一方、リビングや自分のお部屋や少し狭い部屋では、超音波式やスチーム式がよいでしょう。

スポンサードリンク

関連ページ

キャンドル
アロマオイル(精油)のキャンドルとはどんな道具なのでしょうか?ここでは、アロマオイルを楽しむためのアロマキャンドルについてご説明します。
ストーン
アロマオイル(精油)のストーンとはどんな道具なのでしょうか?ここでは、アロマオイルを楽しむためのアロマストーンについてご説明します。
アロマポット
アロマオイル(精油)のアロマポットとはどんな道具なのでしょうか?ここでは、アロマオイルを楽しむためのアロマポットについてご説明します。
竹串
アロマオイル(精油)に竹串を使うという話がありますがどういうことでしょうか?ここでは、アロマオイルを楽しむための竹串についてご説明します。
携帯用
アロマオイル(精油)を携帯用に持ち運ぶのにい良いのは、どのようなものでしょうか?ここでは、アロマオイルの携帯用についてご説明します。