アロマオイルは赤ちゃんにはどうか?

スポンサードリンク

アロマオイルは赤ちゃんにはどうか?ということについて

アロマオイルを赤ちゃんに対して使うことってどうなのでしょうか?

 

アロマオイルは、とにかく植物の成分やパワーがギュッと濃縮されたものですので、赤ちゃんや乳幼児には気を付けて使わなくてはなりません。

 

同じアロマオイルの量を使った時を考えると、大人よりも小さい赤ちゃんや乳幼児はアロマオイルの成分の影響をかなり受けます。

 

ですから、使用方法には十二分に注意を払い使用する必要があります。

 

今回は、赤ちゃんが使うと良いとされているアロマオイルのご紹介や効果的な使い方などについてお話ししていきたいと思います。

赤ちゃんに良いアロマオイルのご紹介

赤ちゃんといっても、【後0-28日】新生児へのアロマオイルの使用はかなりの注意が必要とされています。

 

フランキンセンスなどは、品質が良いものに限り希釈濃度などに気を付ければ使用しても可能ですが、この時期はベビーマッサージなどをすることはやめましょう。

 

どちらかといったら、芳香浴などでお部屋にアロマオイルの成分を拡散する方法がよいでしょう。

 

ラベンダーやカモミールローマンなどの優しいアロマオイルなども、フランキンセンスのオイル同様おすすめです。

 

【生後1か月〜12か月の赤ちゃん】

 

生後1か月から12か月への赤ちゃんへはやはり、使用濃度は薄めにして使いましょう。

 

生後6か月までは、芳香浴のみの使用がよいとされています。

 

使用するアロマオイルは、ラベンダーやカモミールローマン、フランキンセンスなど、赤ちゃんにも優しく、リラクゼーション効果の高いアロマオイルを使用することが望ましいです。

 

ティ―ツリーやオレンジスウィート、レモンやベルガモット、ゼラニウムなども芳香浴にはおすすめです。

赤ちゃんにお勧めのアロマオイルの効果的な使い方

先ほどご紹介したアロマオイルをどのように使ったら赤ちゃんにとって効果的な使い方となるのでしょうか?

 

基本的には、やはり一番体への負担が少ない芳香浴となってきます。

 

6か月までは芳香浴だけでケアしてあげるようにしましょう。

 

6か月を過ぎると、いよいよベビーマッサージなど開始しても良い時期になってきます。

 

希釈濃度を0.5%以下に設定して、ベビーマッサージをしながら赤ちゃんと一緒にコミュニケーションをとってみましょう。

 

癒しの効果抜群です。

 

1歳くらいになれば、ママと一緒に足湯を楽しむことなどもおすすめです。

 

5-10分程度で十分に効果があります。

 

足を温めて血液循環が良くなることで、風邪予防にもつながり、赤ちゃんの健康にも一役買います。

 

足湯をする時は、アロマオイルをホホバオイルなどのようなキャリアオイルにきちんと希釈して入れてあげてください。

 

肌への刺激が緩和されます。

スポンサードリンク

関連ページ

アトピー
アロマオイル(精油)にはアトピー性皮膚炎に効果的だと言われるものがあります。ここではアロマオイルとアトピー性皮膚炎の関係についてご説明します。
イライラ
アロマオイル(精油)にはイライラに効果的だと言われるものがあります。ここではイライラに効果的なアロマオイルの種類や効果、活用法などについてご説明します。
抜け毛
アロマオイル(精油)には抜け毛の緩和に効果的だと言われるものがあります。ここでは抜け毛の緩和に効果的なアロマオイルの種類や効果、活用法などについてご説明します。
筋肉痛
アロマオイル(精油)には筋肉痛の緩和に効果的だと言われるものがあります。ここでは筋肉痛の緩和に効果的なアロマオイルの種類や効果、活用法などについてご説明します。
ダイエット
アロマオイル(精油)にはダイエットに効果的だと言われるものがあります。ここではダイエットに効果的なアロマオイルの種類や効果、活用法などについてご説明します。
安眠ブレンド
アロマオイル(精油)を安眠のためにブレンドするという方法があります。ここでは、アロマオイルを安眠するためにブレンドする方法についてご説明します。
花粉症
アロマオイル(精油)の中には花粉症を緩和してくれるとされるものがあります。ここでは、花粉症に効果的と言われるアロマオイルについてご説明します。
うつ病
アロマオイル(精油)の中にはうつ病を緩和してくれるとされるものがあります。ここでは、うつ病に効果的と言われるアロマオイルについてご説明します。
毛穴ケア
アロマオイル(精油)の中には毛穴ケアに効果的なものがあります。ここでは、毛穴ケアに効果的と言われるアロマオイルについてご説明します。
タバコ
アロマオイル(精油)でタバコをやめる方法があったら良いと思いませんか?ここでは、アロマオイルとタバコの害との関係についてご説明します。
てんかん
アロマオイル(精油)が「てんかん発作」に効果的という話を聞いたことはありませんか?ここでは、アロマオイルの「てんかん」に対する効果性についてご説明します。
認知症
アロマオイル(精油)が「認知症予防」に効果的という話を聞いたことはありませんか?ここでは、アロマオイルの「認知症予防」に対する効果性についてご説明します。
男性
アロマオイル(精油)は男性にもおススメというのは本当でしょうか?ここでは、アロマオイルを男性が使う場合についてご説明します。
アロマオイル(精油)は犬に使っても大丈夫なのでしょうか?ここでは、アロマオイルを犬に使う場合についてご説明します。
ニキビ
アロマオイル(精油)の中でニキビケアに良いとされているものをご存知でしょうか?ここでは、アロマオイル(精油)をニキビケアに使用することについてご説明します。
アロマオイル(精油)の中で咳に良いとされているものをご存知でしょうか?ここでは、アロマオイル(精油)を咳の緩和のために使用することについてご説明します。
髪の毛
アロマオイル(精油)が髪の毛にも良いと効果が期待できることをご存知でしょうか?ここでは、アロマオイル(精油)を髪の毛のために使用することについてご説明します。
脳梗塞
アロマオイル(精油)には脳梗塞の予防に役立つものがあることをご存知でしょうか?ここでは、脳梗塞の予防に良いとされるアロマオイル(精油)についてご説明します。
アロマオイル(精油)は猫に使っても大丈夫なのでしょうか?ここでは、アロマオイルを猫に使う場合についてご説明します。